ハーレーの車体番号の見方 of 爆音モータース Bakuon Motors

ハーレーの車体番号の見方

DSCF3303.JPG
現行車のハーレーにつけられている18桁の車体番号は1980年アメリカで開始されました。なので、1980年以前のハーレーはこれから紹介する車体番号の見方は当てはまりませんので、あしからず。
左から順番に進みます。

1桁目

1桁目は”1”か”5”です。”1”はアメリカで作られたものです。いわゆる Made in USAです。”5”はその他の地区で生産されたものです。
ヨーロッパやハーレーダビッドソンジャパンはこの、その他の地区に該当しますので、日本正規ディーラーでご購入のものは大抵が”5”です。
あなたが、ディーラーで「北米仕様じゃないといやだ!!」と、駄々をこねた場合は”1”かもしれません。

2、3桁目

”H”はHarleyの”H”、”D”は”Davidsonの”D”です。要するに、これはハーレーですよ。ということです。

4桁目

4桁目は”1”か”4”か”8”のどれかです。
”1”は901cc以上のモデル、”4”は351cc~900ccのモデル、”8”はサイドカーの意です。ここが”4”で1200ccのスポーツスターは、エンジンが載せ替えられているか、ボアアップしたものでしょう。(エンジン番号の見方はまた、いずれ・・・)

5、6、7桁目

ここはアルファベットが3つ並びます。この3桁はどのモデルかということを詳細に表すもので、種類がたくさんあり書ききれないので5,6桁目は省略し、大まかにわかる7桁目を紹介します。
K=1340cc ショベルヘッド
H=1000cc XL
L=1340cc エボ キャブモデル
M=883cc XL
N=1100cc XL
P=1200cc XL
R=1340cc エボ インジェクションモデル
V=TC88 キャブモデル
W=TC88 インジェクションモデル
B=TC88B インジェクションモデル
Y=TC88B キャブモデル
1=TC96
等です。
ちなみに写真のものは”CGP”となっていますので、XL1200C CUSTOMです。

8桁目

8桁目は5,6,7、桁目で分類されたものをさらに詳細にするものです。
1=レギュラーモデル(一般的なモデル)
2=中期型モデル
3=カリフォルニアモデル(排出ガス規制対策車)
4=アニバーサリーモデル
5=インターナショナルモデル
6=プロトタイプ
です。
ここが”6”のものはかなりレア!!

9桁目

9桁目は警察や調査機関のために付いている番号です。0~9もしくは”X”が表記されています。

10桁目

ここが年式を表すところです!!アルファベット、もしくは数字で表記されます。たくさんありますが、今回のコーナーの主題ですのでめんどくさがらずに書きます。
A=1980 B=1981 C=1982 D=1983 E=1984 F=1985 G=1986 H=1987 J=1988 K=1989 L=1990 M=1991 N=1992 P=1993 R=1994 S=1995 T=1996 V=1997 W=1998 X=1999 Y=2000 
1=2001 2=2002 3=2003 4=2004 5=2005 6=2006 7=2007 8=2008 9=2009 A=2010 B=2011 C=2012 ・・・・・
という感じです。IやO等の数字と見分けがつきにくいアルファベットはとばされているので注意です。
続きはわかりますよね?

11桁目

ここは生産工場のコードです。
Y=ヨーク工場
K=カンザス工場
等です。

12~18桁目

この6桁の数字はそれぞれの車体に与えられた番号です。
同じ配列のものはこの世に2つとないはずです。あったら、それは・・・・!?

車体番号はあくまでもフレームに付けられるものなので、エンジンが載せ替えられている場合、フレーム番号からエンジンの形式や年式は見分けることができません。
エンジンにはエンジン番号とクランクケース番号というのがあって、それで判断します。
また、気が向いたらエンジン番号とクランクケース番号の見分け方コーナーを作ります。