ショベルヘッドへのSUキャブレター取り付け of 爆音モータース Bakuon Motors

ショベルヘッドへのSUキャブレター取り付け

RIVERA PRIMOのSUキャブはその乗り味と外観から、特にショベルヘッドなどの旧車への取り付けは未だに人気があります。
キャブレターの交換は確実にできないとバイクのエンジンがかからない事や、異常燃焼のためバイクが故障してしまう事の原因にもなります。
それでも、自分でキャブレターを交換しようとSUキャブレターを購入したところ、説明書が英語でお手上げだ!!と言う方の為に、簡単に取り付け手順を紹介します。
また、こちらからSUキャブレターの取り付け手順マニュアルの1〜4ページ目を日本語に訳したものをダウンロードしてください。このマニュアルはツインカム、EVO、ショベルで共通となっています。


SUキャブレター取り付け日本語マニュアルダウンロード

エアクリーナーの取り外し

  • まずはじめに、現在使用しているエアクリーナーを外します。
    写真はS&S SuperEキャブです。
    今回作業対象となっているショベルヘッドは5ガロンタンクの67年式アーリーショベルです。
    タンクを外して作業した方が作業はし易いですが、外さなくてもなんとかいけます。(後に緩めないといけませんが・・・)

スロットルケーブルを外すキャブレターが外れましたキャブレターからスロットルケーブルを外します。
スロットルケーブルの交換・調整方法はまたいずれ詳しく紹介致します。
シリンダーヘッドとマニホールドを固定しているフランジを外し、キャブレターをマニホールドと共に取り外します。


マニホールド取り付け部品マニホールドとレベリングブラケット レベリングブラケット(キャブレターの取り付け角を調整し、また、重いキャブレターを支える役目をする部品)をマニホールドに取り付けます。ボルトも通しておきます。取り付け車体がアーリーショベルの場合はマニホールドの取り付けより先にレベリングブラケットを取り付けると、マニホールドの取り付けが困難になるので後から付けます(後からでも付らけれます)


マニホールド取り付け取り付けられたマニホールドマニホールドを取り外した逆の手順でマニホールドを取り付けます。マニホールドを固定するフランジはまだきつく締めません。
マニホールドの左の下側にレベリングブラケットを取り付け、シリンダーの間のケースボルトのナットを外し、レベリングブラケットの下端を取り付けます。(この時点ではねじはきつく締めない事)


SUキャブレターのドームとピストンを外すナットをはずすドームを固定しているねじを外し、キャブレターからドームとピストンを取り外します。ドームを取り外している時に異物がキャブレターの中に入らないように注意してください。
マニホールド下側に取り付けていたナットを外し、キャブレターを取り付けます。マニホールドとキャブレターの間にはガスケットを忘れずに・・・。
上側のボルトも取り付けます。


スロットルシャフトスロットルロータースロットルケーブルブラケットをキャブレター側の上側に取り付け、マニホールドとキャブレターをしっかり固定します。
スロットルシャフトにデュアルローターを取り付けます。
スロットルケーブルをブラケットに通しローターに取り付けます。スロットルケーブルの張り具合等を調整をします。


SUキャブレターの取り付け 車体を垂直に保ち、キャブレターが垂直になるように調整し、マニホールドのフランジを締めて固定し、レベリングブラケットも固定します、
ピストンとドームを取り付けます。(5ガロンタンクではタンクが干渉してそのままでは取り付けできないので、タンクを外すか、緩めて少し浮かせて作業します。)
エアクリーナーを付けて完成。

SUキャブレター取り付け日本語マニュアルダウンロード